恍惚の表情

風俗求人の休暇可能の意味とは

胸元

ホテヘルで、コンパニオンは正社員として働くことはできません。お店から商品価値がないと判断されたときがコンパニオンの定年です。定年と同様、定休日も存在しません。そもそも、結ぶ契約が業務委託のためにお店はコンパニオンを縛ることができないのです。コンパニオンが休みたいと思ったときが定休日です。
ホテヘル求人が休暇可能なのは至極当たり前のことです。もし休暇をとれない求人があるとすれば、その求人はコンパニオンを強制的に働かさせることになります。今どき、そんなことをさせるホテヘル店が存在するわけありません。休暇可能と記すことにより求職者の気持ちを和らげているだけです。ここに深い意味はありません。
ホテヘル店にコンパニオンの出勤日、休暇を決める権利はありません。コンパニオンの自由に決めることができます。とはいっても、何でもかんでも自由にできるわけではありません。お店が休みの日に出勤しても無意味です。稼ぎたいからといってコンパニオンの好き勝手にお客をとることはできません。1ヶ月の最低出勤日数、1日の最低出勤時間、この2つは少なくともお店に確認する必要があります。まともな店であれば生理休暇は普通にとらせてくれるはずです。もし駄目だということであれば、その求人への応募は諦めましょう。